スマコミはQRコードからのセルフオーダーシステムの特許を取得致しました。特許第6694402号 特許第6683797号

飲食店の人手不足解消。インバウンド対応。
スマホでセルフオーダー SUMAKOMI 初期費用0円

スマホで注文セルフオーダーシステム
「スマコミ」スマートフォンで簡単注文
飲食店で
大切な接客サービスが向上します!

メリット・デメリット 

セルフオーダーシステムを導入すると接客がおろそかになり、客単価が下がる?

セルフオーダーシステムのデメリット?

「スマコミ」セルフオーダーシステムを導入すると接客がおろそかになり、客単価が下がる?

そんなことはありません! むしろ逆にサービスが向上します。

「スマコミ」セルフオーダーシステムはメリットが多いのです。

 来店客の目的は食事でありお酒を飲むことです。 必要な接客とは、1から10までつきっきりで接客することではなく、「お店の人気メニューやおすすめ料理等」の売りの説明をしっかりすることと「挨拶」です。あとは来店したお客様と、ほんの少しの世間話をすることなのです(笑)

 「スマコミ」セルフオーダーシステムは、お客様にお店の人気メニューやおすすめ料理等をしっかり説明すれば、お客様のスマートフォンやタブレット端末 ipad、iPod Touchを利用して注文できます。店員スタッフは、たくさんのお客様からの注文請求に追われることなく、料理・ドリンクの出し下げや、次のお客様への説明に集中できるようになります。気持ちに余裕ができ挨拶はもちろん、少しの世間話もできるようになります。

 繁盛店や人気のある飲食店ほどお店の個性や売りがしっかりしています。そして接客サービスが良いのも特徴です。「スマコミ」POSレジセルフオーダーシステムを導入すると接客サービスが向上するだけでなく、顧客管理や売れ筋商品のデータ分析等のシステムを活用して繁盛店や人気店に生まれ変わる可能性が膨らみます。

 一方、現在飲食店で主流となっているのが、POSレジと店員スタッフが注文を受けるハンディー機器のセットで、セルフオーダーは付いていません。店員スタッフの接客サービスのタイミングは来店したお客様がメニューを見る動向をチェックし、タイミングをはかって注文を受けに行き、「お店の人気メニューやおすすめ料理等」の説明をします(これは必要な接客サービスですが…)

 しかし、飲食店が店員を多く必要とする金曜日、土曜日、祝日前などはたくさんのお客様から注文の請求が集中したり、料理・ドリンクの出し下げ等に追われたりして、接客サービスが行き届かなくなります。店員は余裕がなくなり焦りだします!慢性的に人手不足の飲食店はもっと大変です。仕事に対して余裕がなく、常に追われているため、店員は疲弊し飲食店を辞めていきます。接客には限界があるのです。

また、生ビール・角ハイボール等のドリンクやわかりやすい料理は、来店したお客様からオーダーして頂くのがベストです。お客様も分かり切った料理やドリンクの説明は不要なのです。「問題は店員スタッフがお客様の注文したいタイミングに、気づかないことにあるのです。」来店したお客様は、好きなタイミングで注文を入れたいのです。一方、セルフオーダーが嫌いなお客様には臨機応変に対応して店員スタッフが注文を受けます。(「スマコミ」は店員呼出し機能も備えています)

セルフオーダーシステムは「接客がおろそかになり、客単価が下がる」のがデメリットと言われていますが、それはオペレーションの問題であることがお分かりいただけたことと思います。「スマコミ」POSレジセルフオーダーシステムは、セルフオーダーの良いところとハンディーの良いところを合わせたシステムであり、お客様が求める接客を少人数で行うことができるようになります。 

弊社の「スマコミ」セルフオーダーシステムは、好評で来店したお客様のほぼ全ての方がスムーズに注文を入れています。

※「スマコミ」セルフオーダーで利用可能な端末は、来店したお客様のスマートフォンやタブレット端末 ipadなどになります。

※「スマコミ」セルフオーダーシステムは全テーブル、全座席で利用して1日あたり1500円税別で、月額利用料は45000円税別です。

※「スマコミ」初期費用0円

 

「スマコミ」まんが導入事例
セルフオーダーシステム導入で人手不足解消